2020-2021 卓話


9/9   「豪雨災害に備えて」

       株式会社技工団 理事 技術部長 鉄賀 博己 氏

豪雨災害に備えて

 (山口県を襲った近年の豪雨災害を例にして、)意外にも山口県は土砂災害の危険な箇所が多いこと、減災のためのハザードマップや気象情報、被災後の危機管理の大切さのご紹介をしていただいた。

                                           

 危機管理

・想定外は必ずある

・するべきこと、優先順位

・トリアージ情報共有

 


9/2  「山口県の課題と政策及び新型コロナウイルス感染症への対応」

 

                                 山口県副知事 小松 一彦 氏

                                              「活力みなぎる山口県」の実現を目指す村岡知事の県づくりをご紹介いただき、併せて、直面する新型コロナウイルス感染症の危機を乗り越えるための山口県の対策をご説明いただいた。

 

 


 

8/26 名誉会員卓話 「新型コロナ感染症(COVID-19)への対応」 

 

                          公立大学法人 山口県立大学理事長 前川剛志 氏

 

1.     感染対策

・感染経路は目・鼻・口。

感染者の喀痰や鼻水による飛沫感染

飛沫予防策(マスク、ゴーグル等)

汚染環境に触った手から目・鼻・口の粘膜に感染

接触予防策 手を目・鼻・口につけない。

環境消毒では、エタノール、

次亜塩素酸ナトリウム(配布資料)等で清拭

空気予防策(エアロゾール対応)→ 十分な換気(30分)

※3蜜を避け、十分な換気を行う。

 

2.濃厚接触者と感染症状

・感染者(確定患者)と適切な防護なしに、

近距離(1m程度)で15分以上接触があった者

→ 濃厚接触者 

→ COCOAアプリで確認可(国民の56%の登録は必要)

感染者の接触した者の相談の目安は、

息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、

高熱の何れかがある場合と

重症化しやすい者で比較的軽いかぜ発症(発熱、咳など)の時に相談すべき。

重症化しやすい者とは、高齢者、基礎疾患のある者、喫煙のある者等

※感染の診断には日本で開発したSTATIC法(ウィルスのRNA数コピーで反応)が有効。検出感度が高く、偽陽性がほとんど無い。

・感染症状は発熱(77%)、頭痛、倦怠感、呼吸器症状はせき(46%)、咽頭痛、鼻水、鼻詰り、臭覚障害、味覚障害(30%)が発生。

 

2.新型コロナ感染症の治療

・薬物治療、人工呼吸、体外式膜型人工肺(ECMO

ECMOは重傷者のうち半分以上が助かる。→日本の集中医療のレベルは高い。

    ワクチン治療(入り口で抑える)

・世界で開発中、開発に1年程度必要(2021年夏~年末)

    サイトカインストームによる重症化の抑制(出口で抑える)

・各種薬剤(ステロイド、IL-6阻害剤ほか)、体温管理(軽度低体温治療)

※余談

BCG仮説:日本人の死亡者が少ないのは、小さい時からBCG等の予防接種を受けており、自然免疫が備わっているから。

 

 


7/29 「山口県における新型コロナウイルスの発生状況と今後」

                            山口県環境保健センター 所長 調 恒明 氏

 

1.    新興・再興ウィルス感染症の発生は全て動物由来である。

2.新型コロナウィルス感染症の特徴

①感染経路

接触感染、飛沫感染だけでなく空気感染(飛沫核感染)もある。(直径5μm以下)

②特徴

・年齢の中央値59歳(男56歳:女44歳)

・潜伏期間は5.2日(4.1~7日)(健康観察期間は10日へ)

・感染の場は下気道から肺炎→ 肺胞と血管の炎症を発症

3.感染拡大をどうやって防ぐのか

①ワクチンはまだ先

Social Distancing(テレワーク、3密の回避、外出自粛要請)

③無症状者を含む膨大な数のPCR検査

④クラスター解析(発症者を見つけてクラスターに遡る)

⑤スマートフォンを用いた接触調査 COCOA

4.山口県における検査体制

①県環境保健センター(最大実施数 130/日)

②医療機関等(検査数、予定数も含む 190/日)

※現在のところ、市中感染はないと推測するが、都市部との人の移動による感染圧力は 高まっている。

 

5.抗体保有者の増加(集団免疫)による感染の終息はまだ見えない!


7/22「ドキュメンタリーの取り組み」 

                山口朝日放送株式会社報道制作局 チーフプロデューサー 髙橋 賢 氏